「出会って5秒でバトル」4thプログラムまでのルールと結果をネタバレ!

「出会って5秒でバトル」は現在4thプログラムが進行中です。

主人公白柳啓(アキラ)や天翔優利(ユーリ)たちは順当にプログラムを勝ち上がりました。

現実世界でいきなり殺され、ゲームの世界に連れて来られたプレイヤーたちは、目が覚めると強制的にプログラムに参加させられました。

アキラ達がクリアしてきたプログラムには独特のルールがあり、勝ち上がると次のプログラムに進むことが出来ます。

出会って5秒でバトルの1stプログラムから4thプログラムのルールと結果をまとめました。

出会って5秒でバトル:4thプログラムまでのルールと結果をネタバレ!

アキラたち参加者は舞台上にいる魅音に、プログラムの説明を受けます。

会場に連れて来られた人たちは、現実世界では死亡者となっており、戸籍も存在しません。

アキラたちは組織の能力実験モニターとして、これからのプログラムに挑まなくてはならないのです。

プログラムの基本ルール

アキラが目を覚ますと腕には手枷がはめられていました。

会場にいる全員の腕にも同じように手枷がはめてあります。

手枷には人間の拘束をする役割と同時に、与えられた能力も制御します。

赤の点灯が緑に変われば開錠したことになり、緑に点灯して5秒後に両腕が自由になり、能力がつかえるようになります。

能力によって他のモニターを殺害したとしても、ペナルティーはありません。

そして組織にとって有用でないモニターだと判断された場合、即刻処分の対象になります。

会場に集められたモニターたちは、1stプログラムに参加するべく自室に案内され、自分に与えられた能力を確認します。

1stプログラムのルールと結果

1stプログラムのルールは、1on1で行われます。

能力を使ってシンプルに決闘するだけ。

1on1は、どちらか一方が気絶、リタイヤ、敗北を認めることで決着し終了します。

1stプログラムの結果
  • 白柳啓vs霧崎円・・・勝者:白柳啓

霧崎の「木の枝をなんでも切れる剣に変える」対し、アキラは「手を大砲に変える能力だ」と宣言し、霧崎を降参させました。

  • 天翔優利vs桐生和人・・・勝者:天翔優利

ユーリの相手は48歳の変態援交オヤジで、変態おやじの現実世界でのエピソードを聞かされたユーリはブチ切れ、身体能力を5倍にする能力で、相手をボコボコにし戦闘不能にしました。

2ndプログラムのルールと結果

2ndプログラムは5vs5に分かれてのチーム戦。

両チームから組織が指名した人物が1対1で戦います。

リングアウト・敗北宣言・死亡・気絶した場合に決着します。

2ndプログラムの結果
  • 香椎鈴vs猿渡悟・・・勝者:香椎鈴

猿渡がコインで勝敗を決める提案をしたが、香椎鈴が刃物を猿渡に突き刺し猿渡が死亡。

  • 熊切真vs多々良りんご・・・勝者:熊切真

多々良りんごは熊切の能力をコピーし、戦おうとしたが、熊切の「2秒間無敵になる」は、りんごの能力に換算すると0.2秒無敵になるだけなので、勝ち目がないと判断し、りんごが敗北宣言をし決着。

  • 霧崎円vs続命院冴子・・・勝者:続命院冴子

続命院冴子の能力はパチンコで飛ばしたビー玉を相手に当てることで巨大化させるもの。

霧崎は剣ではじき優勢と思われましたが、油断してしまいビー玉に囲まれ、最後の1個の巨大化したビー玉で急所をやられてしまい戦闘不能になりました。

  • 白柳啓vs北島浩二・・・勝者:白柳啓

北島の「手を地につけている間は相手の能力を無効にする」を見抜いたアキラが、隙をついて北島に詰め寄り、北島に敗北宣言をもちかけ決着。

  • 天翔優利vs星野王子・・・勝者:天翔優利

ユーリのストーカーである星野王子の能力は「体を鉄のように固くする能力」で、ユーリを受け止めようとしましたが、手加減なしのユーリの「身体能力を5倍にする能力」によって一撃でリングアウトし敗北しました。

3rdプログラムのルールと結果

3rdプログラムに入る前に渡されたのは、スマホのような端末。

端末には100ポイントはいっており、プレイヤー(アキラたち)は、100ポイントを1000ポイントに増やすというもの。

屋外に出たプレイヤーは、30分間A地区で1人気絶させることで10ポイントもらえます。

A地区に入ると、先行してプログラムに参加しているプレイヤーたちが存在しており、赤と青と緑のチームに分かれています。

最終的に赤チームvs緑チームの存続を懸けた戦いになり、お互いの王様を狩るゲームになりました。

3rdプログラムの結果

アキラとユーリたちがいる緑チームが、赤チームの裏をかき大神と黒岩を倒し緑チームが勝利しました。

4thプログラムのルールと結果

4thプログラムの会場は東京。

3rdプログラムの勝者全員が4thプログラムに進むわけではなく、安全のために3rdプログラムに留まる参加者も多いです。

現実世界に戻ったアキラたちは、端末を持たされたまま、手枷は入れ墨のようになりました。

4thプログラムに参加するのは6チームで、それぞれの監視人を含め12人で合計66人が参加します。

4thプログラムは、プレイヤーたちの戦いであると同時に、監視人たちの戦いでもあります。

全66人によるバトルロイヤルで、次のプログラムに進めるのは最後まで残った6人のみ。

同じチームの人間を殺すと24時間能力が使えないペナルティが設けられています。

一方で、別のチームの人間を倒すと「KILL数」がつき、倒せば倒すほど能力が強化されます。

厄災とは

監視人側のゾンビと、プレイヤーが戦う「ニガヨモギ」という鬼ごっこ。

毒を持ったゾンビに噛まれると感染し、鬼の仲間入りをしてしまう。

厄災の目的は、厄災を回避して外に残った者たちの戦いを促進させる。

4thプログラムを早めるための間引きで、最終プログラムに進む6人を絞ること。

*4thプログラムの結果は、アキラがレオンハルトを倒し、厄災から脱出に成功!

脱出不可能と言われた厄災から7人が脱出に成功し、4thプログラムに復帰できそうです。

6チームの監視人とは

4thプログラムに参加した6チームは、それぞれに監視人がついています。

今まで登場してきたのは、アキラをプログラムに参加させた魅音のみ。

  • 第一監視人・・・ ガナシャ
  • 第二監視人 ・・・ペルコ
  • 第三監視人 ・・・ラウィール
  • 第四監視人 ・・・代理ウロモフ
  • 第五監視人・・・魅音
  • 第六監視人 ・・・代理 星野 王子
  • 厄災の監視人・・レオンハルト

まとめ:「出会って5秒でバトル」4thプログラムまでのルールと結果をネタバレ!

出会って5秒でバトルの1stプログラムから4thプログラムのルールと結果をネタバレしました。

アキラたちは厄災に入り込み、ゴールを目指して戦っています。

ゴールを目指す途中で熊切が死亡したり、霧崎がゾンビ化したりと、ピンチが続きました。

アキラは厄災脱出3日後に意識を取り戻し、りんごはXとの戦いで受けた傷により、まだ意識が戻っていません。

4thプログラムをクリアして最終プログラムに進めるは誰なのか気になりますね。

 

出会って5秒でバトルが安く読める!

出会って5秒でバトルを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

出会って5秒でバトルを安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です