最近のアニメは異世界ものや転生ものが多すぎてうんざり?元祖やおすすめ作品は?

最近のアニメは異世界ものが多すぎ。

主人公が現世でうまくいかないまま死んでしまい、異世界に転生して活躍するとか、突然異世界に転生して必死に頑張るなど、面白いっちゃ面白いのですが、多すぎる気がします。

今年に入ってからのアニメを振り返ってみると確かに転生ものが多い。

どんどん増えてるように感じてうんざりするほど。

今期の異世界ものと、異世界元祖のアニメについてまとめました。

最近のアニメは異世界ものや転生ものが多すぎてうんざり?

異世界ものを初めてみたときは、新鮮な感覚で楽しめたのですが、多くなってくると設定がほとんど同じでつまらなく感じます。

異世界ものが多くてうんざりするのは内容がかぶるから

異世界ものと言えば、現実世界の主人公が何かしらの理由で死んでしまい、現世の記憶を持ったまま異世界へ転生してしまうというのがほとんど。

キャラが違うだけで、魔物討伐・貴族・ステータス・魔法など、お決まり設定がほぼ同じです。

魔物もゴブリンやドラゴン、サラマンダーなどお決まりのものが登場します。

主人公が転生した国の名前が違うのと、転生した先の環境が違うだけで、ほとんど一緒。

異世界ものばかり多くなってしまうと、内容がかぶってしまうので飽きてしまうのです。

チートスキルで主人公がいきなり強い

異世界ものの特徴として、異世界に転移してしまった人物や転生した人物は「チートスキル」のおかげで特別な強さを持っています。

主人公は異世界に行ったことで、ある意味苦労して日常をすごしているのですが、チートスキルのおかげで転移先(転生先)の世界の住人よりも恵まれた環境にいます。

主人公の努力や成長を楽しみたい人にとっては、いきなり強くて環境にも恵まれているとなると少し退屈なのです。

主人公がいくら強くて活躍しても物足りなさを感じるようですね。

聖地巡礼できない

異世界ものばかりでうんざりする、というのは聖地巡礼が出来ない、というところにもあるようです。

アニメや漫画が好きで作品にハマっていくと、物語の舞台になっている場所を見に行きたくなります。

ところが、異世界ものだとどうやっても同じ土地に行くことが出来ず、共感や親しみ感をどっぷり感じることが出来ません。

アニメを見て聖地巡礼をする楽しみが減ってしまうので、異世界ものばかり多くなると、楽しみも減ってしまうようです。

時代が異世界を求めてる?

異世界ものが新作アニメでどんどん増えていくのは、時代が異世界ものを求めているのでしょう。

異世界ものは、現実世界の記憶を持ったまま転生し、もう一度人生を最初からやり直すということでちょっと羨ましい感覚があります。

現実世界では、ある程度の年齢になると友人や同僚との会話で「もう一度中学校からやり直したい」とか、「二十歳の頃に戻ってやり直したい」という言葉が出たりします。

異世界ものを見ることで、自分の願望をダブらせワクワクした気持ちになるのではないでしょうか。

異世界ものアニメ:今期(夏)のおすすめと異世界もの元祖について

異世界ものが多い今期(夏アニメ・秋アニメ)でおすすめや人気がある作品はなんなのでしょうか。

夏アニメのおすすめはジャヒー様はくじけない!

お決まりの異世界ものがうんざりで飽きたという人におすすめなのは、「ジャヒー様はくじけない!」

ジャヒー様はくじけない!は、ありきたりの転生ものや異世界ものと少し違うようです。

一般的な異世界ものは、現実世界の主人公が異世界へチートスキルを持って転生し、魔物を討伐しステータスを上げていく、というもの。

ところが「ジャヒー様はくじけない」は逆パターンで、魔界にいたジャヒー様がある日突然やって来た魔法少女に魔石を壊され、魔力を失い人間世界に来てしまった、というもの。

魔界№2だったジャヒー様は、人間世界で一気に貧乏になり砕け散った魔石を集めて魔界を復活させようとします。

風呂なしのアパートに住み、居酒屋でアルバイトをし、日々モヤシばかり食べています。

そのうえ魔界で付き人のような存在だった部下が人間世界で会社の社長になっている、という屈辱も味わっています。

ありきたりの異世界ものにうんざりしたら「ジャヒー様はくじけない!」のような逆パターンも良いのではないでしょうか。

異世界もの元祖は聖戦士ダンバイン?

異世界ものの元祖で調べてみると「聖戦士ダンバイン」ではないか?という声が多いようです。

聖戦士ダンバインは1983年から1984年にかけて名古屋テレビで放送されたアニメ。

聖戦士と呼ばれるパイロットが搭乗する昆虫をモチーフにした異形のロボットが活躍するもの。

ヨーロッパに似た異世界が舞台になっており、地球人の主人公がモトクロスの途中で召喚され異世界で活躍しダンバインを操縦する聖戦士になるのです。

主人公は、召喚された世界で活躍した700年後に転生もしているようなので、ダンバインの主人公は召喚と転生をしているということになります。

なろう系の元祖はログ・ホライズン?

異世界ものといえば最近では「なろう系」で、小説家になろうの異世界ものがどんどんアニメ化されています。

  • 転生したらスライムだった件
  • 無職転生
  • 蜘蛛ですが、なにか
  • 聖女の魔力は万能です
  • 異世界居酒屋
  • 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
  • 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する(暗殺貴族)
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • ログ・ホライズン

 

などなど思いつくだけでも数多くあり、また、どれもこれも人気の作品です。

なろう系の元祖で調べてみると「ログ・ホライズン」だという声が多かったです。

2010年4月から連載がスタートし、2013年にアニメ化されています。

ちなみに無職転生は2012年11月、転生したらスライムだった件は2013年2月に連載開始。

Re:ゼロから始める異世界生活は2012年4月で、他の作品も2010年より後から連載されていました。

これからも増え続けると思われるなろう系の元祖は「ログ・ホライズン」のようですね。

まとめ:最近のアニメは異世界ものや転生ものが多すぎてうんざり?元祖やおすすめ作品は?

  • 異世界もののアニメが多すぎてうんざりするのは、どの作品も設定が似ているから
  • 転生者はチートスキルで、いきなり強いのであまり楽しくない
  • 異世界ということで聖地巡礼できないからつまらない
  • 今期(夏)アニメのおすすめは、異世界ものの逆パターン「ジャヒー様はくじけない!」
  • 異世界ものの元祖はダンバインだという声が多い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です