憂国のモリアーティロックウェル家の執事の正体とは?ジャック・ザ・リッパーについても

憂国のモリアーティのウィリアムやアルバート、ルイスは頭の良さが格別なだけでなく、戦闘術も凄腕です。

幼い頃に後ろ盾である家族を失った彼らが、どうやって貴族としてのたしなみや戦闘術を身につけることが出来たのでしょうか。

彼らの強さはモリアーティ邸を全焼させたあとに引き取られた、ロックウェル家の執事と関係がありそうです。

憂国のモリアーティのウィリアムたちがロックウェル家で執事に教えてもらったこととは?

ジャック・ザ・リッパ-についてもまとめました。

憂国のモリアーティ:ロックウェル家の執事の正体とは?

ウィリアムたちは頭の切れはもちろんですが、戦闘術にも長けています。彼らの戦闘術はどこで身に着けたのかが明らかになります。

ウィリアムたちが引き取られたロックウェル家

アルバートとウィリアムたちがモリアーティ家の屋敷を全焼させたあと、一時的に3人の後見人であるロックウェル伯爵家に身を寄せていました。

ロックウェル家で雇われていた執事によると、伯爵家にいれば今後なに不自由なくいけるでしょう、とのこと。

ウィリアムたちはロックウェル家で、大切に生活させてもらっていたようです。

ですがウィリアムたちはロックウェル家にいながらも自分たちの計画のことを考え動いていたようです。

ロックウェル家の執事の正体はジャック・ザ・リッパーと言われた兵士

ロックウェル家の執事はジャック・レンフィールドと言って、元英軍の凄腕の兵士。

アフガン戦争に参加していたことがあり、戦地ではジャック・ザ・リッパ-という異名をつけられ、敵味方問わず恐れられていました。

ジャックは白兵戦の達人です。

ジャックは自分の過去のことは、主であるロックウェル伯爵にしか打ち明けていません。

ウィリアムたちはロックウェル家にいながら、ジャックを観察し、ジャックの過去について調べていたのです。

ジャックに殺人術を教えてもらう

ウィリアムたちはジャックにこの先自分たちだけで生きていけるように、護身術を教えてほしいと言います。

ジャックはウィリアムたちとの会話から、彼らが求めているのは護身術ではなく殺人術だと気づきました。

ジャックはウィリアムたちに、殺人術だけはなく貴族としての所作など、すべてを教えることになります。

ウィリアムたちの強さや、貴族としての振舞いはジャックからの教えがあったからです。

犯罪卿の仲間のモランもジャックに殺人術を教わっています。

憂国のモリアーティ:ジャック・ザ・リッパーについて

ジャックがウィリアムの元にやってきたのは、ロンドンでジャック・ザ・リッパ-を名乗る殺人鬼が犯行声明を出したためです。

ジャック自身で自身の古い名前を使う殺人鬼を始末したいと申し出ました。

ジャック・ザ・リッパーが現れる

犯行声明を出したジャック・ザ・リッパ-は、ロンドンの東部を狙っていました。

ロンドン東部は貧民街で浮浪者や娼婦、孤児などがひしめき合って暮らしているところです。

ジャック・ザ・リッパ-は娼婦を狙っており、喉に刺し傷とお腹を裂かれ、内臓を持ち去られています。

娼婦を狙った事件がたて続けて起こり、これから警察が捜査するというところに犯行声明が出されたのです。

ロンドン東部の貧民街は恐怖の中にいます。

ジャック・ザ・リッパ-の目的とは?

警察はジャック・ザ・リッパ-について、単独犯で愉快犯だと断定しているようです。

ですが、ウィリアムは全く違う意図を示しました。

ウィリアムが考える事件の全容は、複数犯による組織的犯行です。

  • 新聞に犯行声明を出すことで人々の恐怖を煽る
  • ジャック・ザ・リッパ-の名前を語るのは偶然で、元執事のジャックとは関係ない
  • 娼婦を狙うのは目的ではなく手段

 

犯人たちの目的は殺人ではなく警察側と貧民街の自警団の衝突です。

東部の貧民街で警察と自警団を衝突させ、英国内で労働者革命を引き起こすことを狙っているのです。

連続殺人を止められない警察に自警団は業を煮やし、貧民街だからいい加減に捜査しているだろうと苛立ち、怒りと恐怖の矛先が警察に向いている状況でした。

ウィリアムが犯人の目的を潰した

ウィリアムは目的のために、弱者を次々と殺していく犯人のやり方の罰を下そうとします。

次の殺人が起こるまえに、止めないといけません。

ウィリアムの作戦は、警察と自警団の衝突をやめさせ、一致団結させること。

そのために警察と自警団の共通の敵である、ジャック・ザ・リッパ-を可視化させるのです。

そこでウィリアムは遺体安置所の遺体を利用し、警察と自警団がいがみ合っているときに、ジャック・ザ・リッパ-を登場させました。

ジャック・ザ・リッパ-を演じているのは、本物のジャック・ザ・リッパ-である執事のジャックです。

そうすることで今の今までいがみ合っていた警察と自警団の両者は、犯人を捕まえる目的で団結したのです。

まとめ:憂国のモリアーティロックウェル家の執事の正体は?ジャック・ザ・リッパーについても

  • ウィリアムたちはモリアーティ家が全焼したあとロックウェル家に引き取られていた
  • ロックウェル家の執事ジャックはアフガン帰りの凄腕の戦闘術を持つ元兵士
  • ジャックは白兵戦の達人で敵味方関係なくジャック・ザ・リッパ-の異名で恐れられていた
  • ウィリアムたちはロックウェル家でジャックに殺人術を教えてもらったので今の彼らがある
  • ロンドン東部の貧民街でジャック・ザ・リッパ-を名乗る殺人鬼が現れる
  • ジャック・ザ・リッパ-の目的は警察と自警団を衝突させることで英国内で労働革命を起こそうとしている
  • ウィリアムたちは目的のために手段を選ばない彼らの犯行をやめさせるために動く
  • 警察と自警団の目の前にジャック・ザ・リッパ-を登場させ、彼らを一致団結に導いた

 

憂国のモリアーティが安く読める!

憂国のモリアーティを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

憂国のモリアーティが安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です