「聖女の魔力は万能です」セイとホークの恋愛関係は?結婚するかについても

聖女の魔力は万能ですの主人公セイは日本にいたときは仕事ばかりで、彼氏いない歴は年齢と同じ28年です。

セイに好意を持っていると思われるホークは、積極的にセイに歩みよります。

まともにデートすらしたことがないセイは、恋愛のことは苦手なようです。

セイは自分の気持ちに気づくときが来るのでしょうか。

聖女の魔力は万能ですの主人公セイとホークは恋に落ちるのか、聖女の魔術の発動についてもまとめました。

聖女の魔力は万能です:セイとホークは恋に落ちる?

ホークはスランタニア王国の第3騎士団の団長で、貴族ホーク家の3男です。

ホークは氷属性の魔術を使い普段から無表情であるため、別名「氷の騎士」と呼ばれています。

セイとホークの出会い

セイとホークの出会いは、第3騎士団が魔物討伐から王宮に帰ってきたときです。

ホークはかなりの大怪我を負っており瀕死の状態。

セイは自分が作った上級ポーションを、無理やりホークに飲ませました。

するとホークの傷はみるみるうちに回復し、一命をとりとめたのです。

ホークはセイに髪留めをプレゼント

討伐の怪我の治療をきっかけにセイとホークは顔を合わす機会が増えます。

そしてホークは休日にセイを誘って街へ出かけました。

セイはスランタニア王国に召喚されてから街へ出るのが初めてなことと、デート自体が生涯で初めてだったため、それがデートだとは気づいていません。

デートから帰ったとき、セイはホークからプレゼントをもらいます。

中には魔力付与がされた石つきの髪留めが入っていました。

セイはホークを意識し始める

セイはホークからもらった髪留めをつけていると、魔力付与された石について友人のエリザベスからプレゼントの意味を教えてもらいました。

ホークがくれた石の色はブルーグレーでホークの瞳の色と同じ。

エリザベスは、この国では好きな異性に贈るプレゼントに自分の瞳や髪と同じ色の石を使うのが通常なのだと言いました。

そしてホークがセイに好意を持っているのは、有名な話だと言うのです。

元々ホークが好みのタイプだということもあって、セイは改めてホークを異性として意識するようになりました。

今後2人が恋愛に発展するのか楽しみです。

聖女の魔力は万能です:セイの聖女の術の発動について

スランタニア王国に召喚されてから数か月が経過しました。セイは自分の周りにいる人たちが優しくしてくれることにとても感謝しています。

聖女の術とは

聖女の術とは一言でいうと魔物を浄化することがメインです。

聖女の魔術は大昔から聖女が発動する術で、聖女がいることで魔物が消えていったり、空気のよどみが浄化されたりしたと言います。

そして、その術の発動方法については文献に残っていません。

聖女が持っている独特の能力のようで、気づいたら発動されていた、というような感じだったらしく研究のしようがなかったようです。

聖女の術が発動した

セイは薬草研究所の仕事を終えて、空を見上げてスランタニア王国に来てからの数か月を思い起こしていました。

最初はショックが大きかったけれど、研究所の人たちは優しく、自分のやりたいことをやらせてもらえていることに感謝します。

そしてホークから、怪我を治したことに感謝されたことを思い返していると、とても気持ちが温かくなりました。

そんなことを思っていると、胸のあたりが本当に温かくなり、その温かさが自分の中からどんどん溢れ出てきました。

それはキラキラした大きな光の粒子のようで、その粒子が降りかかった薬草でポーションを作ると、普段の5割り増しの5割り増しの効果が見られました。

セイ本人が意図したわけではなく発動した魔力は聖女の術が発動したと思われます。

聖女の術発動のきっかけはホーク?

セイはその後、もう一度キラキラした魔術を発動させようとしますが、意図して発動させたわけではないので、何度やっても成功できません。

それからしばらくして、セイは第3騎士団と一緒に討伐支援として森へ同行することになります。

森の奥に進むと危険な魔物がたくさん出てきました。

さらに奥に進むと、黒い沼がありそこからは次々と魔物が湧き出ています。

騎士たちが怪我をするたびにセイは回復魔法を施しますが、追いつかない状態です。

そんなときホークが大きな魔物に襲われそうになるのを見たセイは、ホークを助けようと無我夢中で魔術を発動させました。

するとホークを襲っていた魔物や、他の魔物たちも消滅しました。

それどころか魔物が湧き出ていた黒い沼も消えていたのです。

初めて聖女の術が発動したときと、今回の発動にはどちらもホークが絡んでいます。

聖女の術が発動するのは、ホークに対する気持ちがきっかけではないかと思われます。

セイとホークは結婚する?

セイは日本にいたとき彼氏いない歴=実年齢ですから、恋愛に関しては奥手です。

ホークはセイをデートに誘ったり、アクセサリーをプレゼントしたりと積極的にアプローチしています。

セイが聖女としてお披露目されてしばらくしたあと、セイにお見合いの話が持ち上がるようになります。

各貴族からお見合い候補が登場するなか、ホーク家からはアルベルトが立候補します。

まだまだセイとホークのお見合いシーンは出てきませんが、すんなりホークと結婚してくれれば嬉しいなと思います。

お似合いですよね。

まとめ:「聖女の魔力は万能です」セイとホークの恋愛関係は?結婚するかについても

  • セイとホークが出会ったのはホークの大怪我を治療したとき
  • ホークは怪我の手当のお礼にセイをデートに誘い、髪留めをプレゼントする
  • ホークがくれた髪留めには魔力付与された石が施されている
  • 魔力付与された石はホークの瞳と同じ色で、スランタニア王国では異性に対する自分の気持ちの表現
  • 石の意味を聞いたセイは改めてホークを異性として意識するようになる
  • ホークや周囲の人のことを考えているとき、聖女の魔術らしきものが発動した
  • ホークが大きな魔物に襲われそうになるのを見た時、セイの聖女の魔術が発動し、周辺の魔物は消滅した

 

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です