映画「パラサイト半地下の家族」のネタバレ!ラスト結末の考察

2019年に公開された韓国映画「パラサイト半地下の家族」

カンヌ国際映画祭では韓国発のパルムドール賞を受賞して話題となりました。

サスペンスの中にもコメディ部分を少し取り入れているところもあります。

半地下で住んでいる貧困と、高台に住んでいる富裕層の差を感じる作品です。

この映画は「貧乏な家族がお金持ちの家族に寄生してく」内容ですが、

ポン・ジュノ監督はインタビューでお金持ちは貧しい人々に寄生して労働力を吸い上げている」と話されています。

映画「パラサイト半地下の家族」のネタバレとラスト結末をしていきます。

映画「パラサイト半地下の家族」ストーリーのネタバレ

キム一家は全員失業中で半地下で暮らしている

映画「パラサイト半地下の家族」でメインとなる家族キム一家。

父親のキム・ギテクは過去にいろんな事業に失敗し、貧困地区の半地下で家族4人で暮らしています。

収入源となるのは、家族でピザの箱を組み立てる内職での稼ぎです。

スマホのWi-Fiは上の階の住人のもの、窓を開ければ路上で散布してある消毒剤が入ってきたり、酔っ払いの汚物が見えたりします。

キム一家は普通に働いて普通の暮らしがしたいと思っています。

ギウの友人が家庭教師のアルバイトを紹介してくれる

あるとき、キム一家の息子ギウの元に、大学生の友人が手土産に「山水景石」を持ってきます。

山水景石は、運気を上げるとか、富をもたらすなどとい風水的な石です。

ギウの友人は、自分が留学する間「僕の代わりに家庭教師を引き継いでくれないか」というものでした。

ギウは自分は大学生ではないからといって一旦断りますが、友人の頼みを断れず家庭教師を引き受けました。

家族全員がパク家に入り込む

英語の家庭教師を引き受け、ギウは妹のギジョンに名門大学の在籍証明書などの書類を偽造してもらいます。

結果は合格。

雇い主のパク家は、IT企業の社長のパク・ドンイクと夫人、高校生の長女ダヘと弟ダソンの4人暮らし。

使用人に運転手と家政婦がいます。

家庭教師に合格したギウは、授業が終わったあとに夫人と雑談をし、夫人が息子の美術の家庭教師を探していることを打ち明けます。

ギウの妹ギジョンが絵の家庭教師

ギウは夫人に「良い美術の家庭教師」がいると、ギジョンを他人と偽って紹介します。

ギジョンは、夫人とダソンに気に入られ美術の家庭教師になることに成功。

運転手に父親が登場

父親の仕事もパク家からもらおうと画策したギジョンは、あらぬ罪を作りあげ運転手をクビに挿せる方法を思いつきます。

その作戦に引っかかったパク社長は、運転手をクビにします。

ギジョンは親子関係を偽り、父親のギテクを運転手としてパク社長に紹介しました。

ギウの母親が家政婦になる

ギウと妹ギジョンは、他人のふりをしながら家庭教師を続けています。

パク家には、古くからいる家政婦が常に目を光らせています。

ギウたちは、家政婦の存在にやりにくさを感じ、パク家から追い出そうとします。

家政婦の弱みが桃アレルギーだと知ったギウたちは、家政婦の後ろを通るたびに「桃の薄毛」をふりまくのでした。

アレルギー症状を結核だと思いこんだ夫人は、家政婦をクビにしました。

新たにやってきた家政婦は、ギウたちの母親チュンスクです。

パク家の地下

ダソンだけが気付くニオイ

見事パク家に入り込んだキム一家。

それぞれ他人のふりをしていますが、ダソンは彼らのニオイに気が付きます。

彼ら4人が家族ってことはわかっていませんが、運転手のギテクと家政婦のチュンスクから同じニオイがするよ、と言うのです。

そして、家庭教師のお姉ちゃんからも同じニオイがすると言います。

小さな子どもが言っていることなので、パク夫妻は気にもとめませんが、ヒヤッとするところです。

「ニオイが同じ」というのは、半地下独特の家のニオイでした。

父親のギテクはパク家が、このニオイを臭がっている素振りをするたびに、パク家に対する嫌悪感や憎悪感を膨らましています。

前家政婦がやってくる

ある日、パク家は家族でキャンプに出かけます。

住人が誰もいない家で、キム一家4人はごちそうを食べたり、庭に出て遊んだりして豪邸を満喫しています。

リビングで食事をとっているとき、玄関からチャイムを鳴らす音。

インターホンで確認すると、前家政婦のムングァンが忘れ物をしたので中に入れてほしいとのこと。

大慌てで隠れる父と息子と娘。

そして入ってきた家政婦は地下室へ。

なかなか出てこない家政婦についていくと、地下室の下にまだ地下室がありました。

この地下室は、パク家の前の持ち主が北朝鮮のミサイル対策として作ったシェルターです。

ムングァンは、パク家にこのシェルターの存在を打ち明けずにいました。

パク家の地下にいる住人

地下室の奥に入っていく家政婦は、誰かに呼び掛けています。

そこには、ムングァンの夫がいました。

借金取りに追われ、隠れるようにこの家の地下に住み続けていたのです。

驚くチュンスクは、警察に通報するとムングァン夫婦に警告します。

そのとき、様子をうかがっていたギウたち3人が階段を踏み外し、ムングァンに4人が家族であることがバレてしまうのです。

ウソをついてパク家に入り込んだことを知られてしまい、キム一家はムングァン夫婦と立場が逆転してしまいました。

動画を撮られたスマホを取り上げようと、2家族はもみ合いになりました。

結局ムングァン夫婦は、地下室に閉じ込められてしまいます。

すると、キャンプに行ったはずのパク夫人から、あと8分で家に着くと連絡があり、家政婦の母親を残したキム一家は、どうにかこうにかパク家を脱出することに成功しました。

ダソンのバースデーパーティ

半地下の家は雨で浸水

パク家から無事脱出できたキム家の3人は、家の近所が大雨で洪水になっていることに驚きます。

半地下の家には、雨水や汚水が流れ込み、体の半分らいまでが水没しています。

3人はびしょ濡れになりながら体育館に避難しました。

避難所で一夜を明かすギウは、父親にこれからどうするか計画を聞くのです。

父親は、計画があるから突然のことに対応できない。だから無計画で行動するとのこと。

家から体育館に避難するとときに「山水景石」を持ってきたギウは石を抱きながら何かを思い詰めている感じ。

石を持って地下へ行く

パク家ではダソンの誕生パーティが計画され、夫人と一緒にパーティの材料を買い出しに行く運転手の父。

パーティが始まったころ、ギウは「山水景石」を持って地下に行きます。

誤って石を落としてしまいますが、何の反応もありません。

警戒しながら歩いていると、後ろから首にひもをかけられました。

必死に逃げてキッチンに出てきたギウ。

逃げるギウの後ろから「山水景石」を持って追いかけてきたムングァンの夫は、石でギウを殴ります。

ギウは頭から血を流し、その場で倒れます。

殺人事件

するとムングァンの夫はキッチンの包丁を取り出し、パーティが行われている庭へ向かいます。

地下から出てきたムングァンの夫が、キム一家に復讐すべく包丁を持ってまず向かったのは、妹のギジョン。

ギジョンの胸に包丁をさし、それを見た母親のチュンスクやギテクは娘の元に駆け寄り、ムングァンの夫ともみ合いになるのです。

パク社長は、救急車を呼ぶより車を出した方が早いから、ギテクに車のカギを渡すように呼びかけました。

ギテクが投げた車のカギは、倒れているムングァンの夫の体の下に入ってしまいます。

パク社長が鍵を取り出すとき、ムングァンの夫の体から放たれた異臭に顔をしかめ鼻をつまんだ瞬間

その様子を見たギテクは包丁を持って、パク社長を刺しました。

取れない半地下のニオイ

映画「パラサイト半地下の家族」で、何度か出てくるニオイに関する情報が登場します。

父親のギテクは、何気にこのニオイを気にしているようです。

パク社長の幼い息子から、ニオイを嗅がれ家政婦のおばさんと同じニオイと言われたとき、

そして、夫人とパーティの材料を買い出しに行ったとき、夫人はギテクの体から発せられるニオイに耐えられずに車の窓を開けています。

自分を臭いと思っているパク家、そしてムングァンの夫から鍵を取るときのパク社長の顔に我慢の限界がきて思わず刺したといったところです。

「パラサイト半地下の家族」:ラスト結末の考察

お父さんギテクが行方不明

パーティの会場が殺人現場となり、妹のギジョンは刺されて死んでしまいました。

頭を「山水景石」で殴られたギウは手術をして命を取り留めています。

ギウは母親のチュンスクと共に、私文書偽造と住居侵入、傷害致死(正当防衛)の罪で

執行猶予の罪を受けました。

パク社長を殺害したギテクの行方がわからず、捜査は難航しています。

父親のギテクは、パク社長を殺害したあと、駐車場から家に入り込み地下に逃げ込んでいたのです。

ギテクは、ムングァンの夫がしていたように地下で暮らし、家の外灯を使って暗号を送り続けています。

誰もいなくなった家で、ギテクは地下で息絶えていたムングァンを樹木葬で埋葬したことも告げました。

ギウが計画する夢

父親の行方がわからず、ギウにも警察が尾行していました。

けれど、ギウたちも父親の行方を知らないので、半年が過ぎる頃には警察の張り込みも外れました。

ギウは、あの家が見下ろせる山にいき、様子を伺います。

すると、家の灯りが消えた外灯がチカチカと点滅していることに気づくのです。

そこには父親からギウに対するメッセージを読み取りました。

ギウは父親のメッセージを受け取り、人生の計画を立てます。

とにかくお金をたくさん稼ぎ、あの家を買い取ることです。

その時まで元気でいてください、と半地下の家で願うのでした。

結末を考察

キム一家の崩壊はどこから始まっていたのか

冒頭でギウの友人ミニョクが持ってきた「石」から、キム家の心理は「幸運が舞い込んでくる」という、見えない運に期待してしまった事にあると思います。

幸運の石を持ってきたミニョクが、家庭教師のアルバイトまで用意してくれた。

山水景石はギウにとって、希望のお守りのようなものだったと思います。

大雨で浸水したときも家から持ち出したのは山水景石です。

ギウはその石を持って、事態のケリをつけにいったようにも見えました。

ですが結果は、その石で自分が殴られることになり、殺人事件にまで発展しました。

後日ギウは働いてお金を稼ぐとシンプルな計画をたて、石を川に戻します。

石に依存していた自分を、解放することが出来たように思えました。

カメラアングル

パラサイト半地下の家族を見た人からは様々な考察があります。

劇中の絶妙なカメラアングルにも意図があるようです。

  • 金持の家に行くシーンは暗いところから光へ向かっている
  • 金持ちのシーンは下から上へ「見上げる角度」
  • 貧乏人を撮るときには上から下へ「見下す角度」

ゴキブリのように隠れる

パク家が留守にしているとき、キム家は豪邸で宴会をしています。

留守にしていたはずのパク家が突然帰宅するシーンでは、キム一家はゴキブリのように素早くテーブルの下に隠れるのです。

ニオイ

ニオイに関する考察が一番多かったと思います。

貧乏人特有のニオイがお金持ちにはわかる、という感じでしょうか。

子どものダソンはいち早くキム家が素性を隠していても、彼らからは「同じニオイがする」と言っていました。

まとめ:「パラサイト半地下の家」ネタバレ!ラスト結末を考察

  • キム一家は家族全員が失業中
  • キム一家は紹介された家庭教師のアルバイトをきっかけに、パク社長宅に入り込む
  • キム一家には半地下のニオイが染みついている
  • パク家の地下には、さらに地下があり、前家政婦の夫が住みついている
  • ダソンの誕生パーティーで、ムングァンの夫がキム一家を狙った殺人事件が起こる
  • 妹のギジョンは死に、ギウと母親は執行猶予付きの罪になる
  • 父親のギテクはパク社長を殺害したあとパク家の地下に住み着いて姿を消す
関連記事はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です