「スライム倒して300年」ライカの正体とは?アズサとの関係性についても

「スライム倒して300年」の主人公アズサは、毎日コツコツスライムを倒していただけなのに、気がつけば最強の魔女になっていました。

アズサの元には、力比べをしたいと申し出る冒険者やモンスターが増えていきます。

中学生ぐらいに見えるライカもそのうちの1人です。

どこから見ても可愛いライカの正体は一体何者なのでしょうか?

ライカの正体とアズサとの関係についてまとめてみました。

スライム倒して300年:ライカの正体とは?

ライカの正体はドラゴン。人間の姿になると中学生ぐらいの女の子になります。

ライカの正体はドラゴン

ライカの正体はナンテール州最強のモンスタードラゴンです。

あるときフラタ村の近くに最強の魔女がいると噂を聞いて、力比べをしようとやってきたのです。

ライカは女の子で人間がいるところに行くときは、人の姿に変身することができます。

ドラゴンの状態のライカの特徴は

  • 大きな体で尻尾もある
  • 大きな翼
  • ツノが2本生えている
  • 黄金を集めるのが趣味
  • 学習能力があり、応用できる器用さがある

 

ドラゴンは高等なモンスターで言葉が通じ、知能も高いので考える力があります。

アズサの家を壊したあと、修理したり増築できたのも学習能力が優れていたからです。

ライカは真面目で聡明

ドラゴンというと荒っぽいイメージがありますが、ライカはとても真面目で聡明なところがあります。

ドラゴンというのは元々最強ですから、力を見せつけることで恐れさせ相手を従わせていました。

コツコツ努力というのは無縁だったのです。

ですからアズサのように、努力の積み重ねをすることで力をつけたいと思いました。

観察力も優れており、高原の家からフラタ村までの間があまりにも無防備であることに気付きアズサに結界を張って侵入者から村を守ることも提案します。

ライカとアズサの関係は?

観察力があるライカはフラタ村にとって良いことを積極的に提案していきます。

ライカはアズサの弟子になる

ライカはアズサとの力比べに敗北し、アズサの弟子になりました。

ライカはドラゴンとして生まれて300年。アズサと同い年です。

ライカはとても素直で、弟子としてやれることは一生懸命こなしていきます。

アズサは300年一人暮らしをして自由気ままに過ごして来たので、他人と住むということに悩みましたが、マンネリ化していたのも事実。

ライカは性格も良さそうだし、料理も掃除も一生懸命ということで住み込みの弟子になることをOKしました。

アズサもライカを信頼している

ライカはアズサの弟子になりました。

アズサは基本的にのんびりした生活を送っていましたし、スライムしか倒したことがない魔女です。

ですので、ライカが発言する言葉はアズサにとっても新鮮に感じることがあります。

ライカがアズサに気を使いながら言った言葉は

フラタ村は防御面が弱い。外部から悪い魔法使いが来たらあっとゆーまに火の海にされる。

結界を張った方がいい、とのこと。

アズサは今まで結界を張るなど考えた事がありませんでしたが、自分がレベル最強の魔女になったことで、戦いを挑んでくる輩がいるかもしれない。

アズサはライカの助言通りに結界を張りました。

アズサとライカは師匠と弟子の関係ですが、アズサもライカを頼りにしているようです。

まとめ:スライム倒して300年ライカの正体は?アズサの関係についても

  • ライカの正体はナンテール州最強のモンスタードラゴン
  • ライカはアズサとの勝負に敗れ弟子になる
  • ライカ(ドラゴン)は高等なモンスターで言葉が通じる
  • ライカは真面目で聡明で気配り上手
  • ライカはアズサから魔術を習いながらアシストもしている
  • アズサはライカを信頼している

 

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です