【体験談】50代で始めた【マウスピース矯正】8ヶ月経過報告

2020年1月から始めたマウスピース矯正。

早いもので8か月が過ぎました。

現在、マウスピースは上の歯で3個、下の歯で2個です。

箇条書きで経過報告をしていきます。

 

  • 下の歯は、かなり揃ってきました。

写真で見比べると「おお~」って思うぐらいで大きな変化としてはまだ足りないぐらい

それでも現段階で個人的には止めてもいいかなって思えるぐらい。

でも完全に揃っているわけではないので、まだまだ続くと思います。

  • 上の歯も、かなり揃ってきている感じだと思います。

地味にゆっくり変化しているので、きっと周囲の人はまだ気づいていないと思います。本人もあまり変化を感じていません。

型取りした時の模型?歯型とは全然違いますけどね。驚きます。

  • マウスピースを外した直後の食事は噛みにくい。バナナでも噛むときに違和感ありです。
  • 嚙み合わせの問題もあるので、ちゃんと医師の指示に従います。
  • マウスピースをはめていると、最初の頃に比べるとつけたままでも話しやすくなってきました。

それでもまだ普通にスラスラと話せないので、普段マスクで口元が隠れていようが、人と話すときや仕事中は外します。

  • マウスピースをすることで、歯磨きに対して今まで以上に気を使っています。

 

マウスピースをつけると、歯とマウスピースの間に雑菌が繁殖するんじゃないかと勝手に不安になり、丁寧に歯磨きしています。

*歯磨き後のロイテリ菌も活躍しています。←磨き残しの菌と闘ってくれるそうです。

  • マウスピースを付けている間は飲食を控えているので、間食防止になりダイエットにも効果的かもしれません。
  • 私は寝ている間「歯ぎしり」をするタイプなんですが、マウスピースをしている時はどうなっているんでしょう?

歯ぎしりをしていても、マウスピースで保護されているような気がします。

  • 最近では寝る時のマウスピースに慣れてきました。

新しいのに変わった時はキツいですが、最初の3日だけです。

すぐに慣れます。眠れないってことは今までにありませんでした。

  • マウスピースは透明ですが、周りから見て「付けているのがわからない」ってことはありません。

絶対にわかります。

  • 歯にモノが詰まりやすいので「歯間ブラシ」は持ち歩きが必須です。

歯が動くようにすき間を作ってあるので、そこに繊維状の食べ物やお肉・魚は必ず詰まります。

詰まっている状態が気になって仕方ないので、早めに除去します。

こういう食べ物からの雑菌が歯周病に繋がるらしいので、50代の私は特に要注意です。

平日は夜寝る時だけマウスピースを装着しているだけなのに意外と早く動くもんですね。

あと半年もしたらどうなるんだろう?

前歯の糸切り歯の辺りは、中に食い込んで生えているんですが、どうやって揃っていくのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です